プロフィール
レレレのおじさん
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年07月05日

お誕生日


今朝も杖をついたおばあちゃんと女の子が

公園の角で待っていました。

私が別の子どもたちと話をしていて

気づかずにいると、公園の角から大きな声で

「おはようございます。」と声をかけてくれました。

いつもどおり、こちらに呼ぶとうれしそうに

走ってきてくれました。

色々話すうちに「今日は私のお誕生日なの」と

教えてくれたので、それはめでたいと

「お誕生日おめでとうございます。」と言うと

テレながらも「ありがとうございます。」とかえってきたので、

はっぴーばーすでーいとぅーゆー

を歌ってあげました。

最後の「ディヤー」のところで名前を知らないのに気づいて

「なんだっけ?」と聞くと「ちさと」と教えてくれて、

そこから歌いなおしました。

「知里」と書くそうです。素敵な名前ですね。

8歳になったそうです。

これからも元気に大きくなってくださいね。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:28Comments(0)・・・

2007年07月02日

夏の句


今朝のレレレのおじさんは、

子どもやご近所の方から

「東国原知事と一緒にテレビに出てたねー」

とたくさん声をかけていただきました。

「僕が見たときには、初鹿野さんは1回くらいしか

しゃべらなかった」と、

なぜか不満げに話す男の子がいたりしました。

ある女の子は、お父さんが出張などでいない時は、

うちの近所のおばあちゃんの家から学校に行きます。

今回の出張は長期らしく、ここんとこずっと

おばあちゃんに通学路まで連れてきてもらっています。

そのおばあちゃんは、杖を使われていて

立っているのが大変そうなので声をかけて、

その子の登校班がくるまで私と一緒に待っています。

声をかけるとその女の子がうれしそうに

走ってきてくれるのが、これまたうれしかったりします。

今朝は、その女の子と待っていると、その子が

「宿題してたら、テレビにおじちゃんが出てて、

おばあちゃんがそれを見つけて

『いつも立っている人』って私に教えてくれた」

と話し始めて、色々と会話していると

「土曜日は俳句を作ってるの」

というので、

「夏の句を聞かせて」

というと

「夏休み 楽しいけれど 宿題が」

という句を聞かせてくれました。

まさに夏の句ですね・・・・。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 16:34Comments(0)・・・

2007年07月02日

昨夜


今散歩から帰りました。

午後9時35分。

里山と田園を抜ける風も生暖かい。

でも、この季節には珍しく西の空の星が

とてもきれいでみとれて歩いていました。

しばらく歩いて田んぼの角を曲がって東の空を見ると

大きなお月様がこうこうと光を放っていました。

でも美しいのはそれだけじゃなかった。

里山と田園の中にぽつんとあるある裸電球の街灯と

民家の灯り、そしてお月様・・・・

とてもいい感じです。

描けたらいいのになー

そうそう、蛍も控えめに光ってましたよ。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 16:09Comments(0)・・・