プロフィール
レレレのおじさん
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2009年05月22日

白いマスク

新型インフルエンザが広がりつつある中、
連日のマスコミの放送で「マスク」に関する映像や
情報が流れています。

そんな中、テレビの映像で、
街中を白いマスクをした人がたくさん歩いている
場面を多く見かけます。
その度に思うのです。
あの修正テープで張られたような
白いぽっかり空いた面を何かにつかえないかと。
そこで、思い切って
あの白いマスクに広告を載せてはどうでしょう。

行き交う人は見るし、場合によってはテレビの画面に
映るかもしれません。
広告入りのティッシュの配布は
見慣れた光景になりましたが、
これからの時代を考えると
マスクについては、今だけじゃなく、
ティシュのように生活の中での必需品、
常備品になると思います。

そう考えれば、自社の広告入りのマスクを
サービスとしてつけたり、
街頭で配布したりしたらどうでしょう。
焼酎などのラベルのあるところは、
それをそのまま印刷するってのもあるかもしれませんね。
「しょう」の後に赤い唇(ちゅうー)の口から吹き出しで焼酎の銘柄を入れるとか、
Tシャツになった「宮崎はここじゃが」のマスクバージョンとか、
ただ、県名だけってのも面白かもしれませんね。
街を歩く人が、それで会話を始めたりして。
みんなで日本を良くしようとか、
エコの取り組みをPRするのもいいかもしれません。
真っ白なキャンパスなので、
どんなものでも描けそうです。  

Posted by レレレのおじさん at 09:46Comments(0)

2009年03月26日

テレビ最終回

宮崎ケーブルテレビが自主作成されていた
「五時生!テレビ」が12年の歴史に幕を下ろします。
私は、月一回のゲストで出演するようになり、
昨年からは、隔週のレギュラーゲストとして出させていただいて、
「これぞ!初鹿野流」というコーナーを
やらせていただいておりました。
7分から8分枠なのですが、
自由に話をさせていただいておりました。
いろんなMCさんと組ませていただいて、
楽しくやらせていただいたことに
心から感謝しておりいます。
それも、これも
この番組を支えてこられたスタッフの皆さんの
お陰ですね。
昨日が私の最終回で終わった後に、
火曜日のスタッフで記念撮影

P1010666-1.jpg

侍ジャパンが優勝を決めた
記念すべき日でもありました。

家に帰ると一通のメールが届きました。
それは、Sさんで「五時生!テレビ」の
制作にも関わっておられた方からでした。
そのSさんからのメールは、

『五時生への出演も、今日が最終回でしたね。
 どうもおつかれさまでした。m(_ _)m

 「何かが終わった…」みたいな寂しさとか、達成感みたいな
 ものを、みじんも感じさせない見事なラストでしたね(笑)。

 思い起こせば、ケーブル時代…
 僕にとっても「初鹿野流!」は、初鹿野さんと出会い、自分を
 突き動かす原動力になった思い入れの深いコーナーでした。
 あれほど毎回「う〜ん」と唸り、うなずきながら見たコーナー
 はありません。

 だから、「これぞ初鹿野流!」がなかったら、今のように
 毎日を楽しく活き活きと暮らしていなかったと思います。

 そんな意味で、「初鹿野流!」は自分にとってここ数年の
 バイブルと呼んでも過言ではない存在です。

 それが終わったことがちっとも「寂しく」感じないのだから
 不思議です。
 最初から最終回まで貫き通した「初鹿野流」、お見事でした!』

というものでした。
番組を分かっている人からのメールとしては
うれしすぎるありがたい、心に染みるメールでした。
    
        伝わった

って感じです。
Sさん、ありがとうございます。
これからもよろしくです。
そして、長い間お付き合いくださった皆さん、
本当にありがとうございました。
心から感謝いたします・・・


がーーー!


これで私の活動が終わるわけでも
何でもありません。
がんばりま〜す!  

Posted by レレレのおじさん at 20:27Comments(0)・・・

2007年09月04日

東国原知事も来た!

40496.jpg9月1日に私どものNPOが中心となって
いまこそ「県民総力戦」!
「みんなのまちをみんなでつくろう」フォーラム
を開催しました。
1部が講演、2部が意見交換会、3部が交流会
主催した私言うのも何ですが、とても中身の濃い
いいフォーラムだったと思います。
私はこっそり聞いていたのですが、
東国原知事が行くと行っているのを聞いていたのですが、
ヘリが飛ばなかったり、電車が遅れたりと
トラブルはありましたが、終わる直前に来られました。
サプライズだったので、会場はどよめきに近いものも
ありました。
それぞれが言葉を交わされ、集合写真も撮って
最後をいい雰囲気で終わることが出来ました。
特にお願いをしたわけではありませんでしたが、
そんなものかもしれませんね。
こちらの本気さが伝わったのかもしれません。
しかし、このフォーラムはスタートのための
企画に過ぎません。
さーて、次です。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:58Comments(0)・・・

2007年07月05日

お誕生日


今朝も杖をついたおばあちゃんと女の子が

公園の角で待っていました。

私が別の子どもたちと話をしていて

気づかずにいると、公園の角から大きな声で

「おはようございます。」と声をかけてくれました。

いつもどおり、こちらに呼ぶとうれしそうに

走ってきてくれました。

色々話すうちに「今日は私のお誕生日なの」と

教えてくれたので、それはめでたいと

「お誕生日おめでとうございます。」と言うと

テレながらも「ありがとうございます。」とかえってきたので、

はっぴーばーすでーいとぅーゆー

を歌ってあげました。

最後の「ディヤー」のところで名前を知らないのに気づいて

「なんだっけ?」と聞くと「ちさと」と教えてくれて、

そこから歌いなおしました。

「知里」と書くそうです。素敵な名前ですね。

8歳になったそうです。

これからも元気に大きくなってくださいね。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:28Comments(0)・・・

2007年07月02日

夏の句


今朝のレレレのおじさんは、

子どもやご近所の方から

「東国原知事と一緒にテレビに出てたねー」

とたくさん声をかけていただきました。

「僕が見たときには、初鹿野さんは1回くらいしか

しゃべらなかった」と、

なぜか不満げに話す男の子がいたりしました。

ある女の子は、お父さんが出張などでいない時は、

うちの近所のおばあちゃんの家から学校に行きます。

今回の出張は長期らしく、ここんとこずっと

おばあちゃんに通学路まで連れてきてもらっています。

そのおばあちゃんは、杖を使われていて

立っているのが大変そうなので声をかけて、

その子の登校班がくるまで私と一緒に待っています。

声をかけるとその女の子がうれしそうに

走ってきてくれるのが、これまたうれしかったりします。

今朝は、その女の子と待っていると、その子が

「宿題してたら、テレビにおじちゃんが出てて、

おばあちゃんがそれを見つけて

『いつも立っている人』って私に教えてくれた」

と話し始めて、色々と会話していると

「土曜日は俳句を作ってるの」

というので、

「夏の句を聞かせて」

というと

「夏休み 楽しいけれど 宿題が」

という句を聞かせてくれました。

まさに夏の句ですね・・・・。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 16:34Comments(0)・・・

2007年07月02日

昨夜


今散歩から帰りました。

午後9時35分。

里山と田園を抜ける風も生暖かい。

でも、この季節には珍しく西の空の星が

とてもきれいでみとれて歩いていました。

しばらく歩いて田んぼの角を曲がって東の空を見ると

大きなお月様がこうこうと光を放っていました。

でも美しいのはそれだけじゃなかった。

里山と田園の中にぽつんとあるある裸電球の街灯と

民家の灯り、そしてお月様・・・・

とてもいい感じです。

描けたらいいのになー

そうそう、蛍も控えめに光ってましたよ。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 16:09Comments(0)・・・

2007年06月30日

東国原知事と浅野前宮城県知事


昨日は東国原知事と浅野前知事との対談生番組があり、

私もギャラリーとして後ろに座らせていただいて、

発言をさせていただきました。

全国ニュースの間に、東国原知事が声をかけてくださり、

ちょっとだけ会話をすることができました。

ブレーン座談会があって、この番組、そして会話・・・

少しづつですが、何かが進んでいる気がします。

ここで大切なのが気持ちだと思います。

「誰のために」と自分への問いを深め、

妥協しない。

今を生きる大人として、今より少しでもいい社会を

次の世代に引き継ぐために。

ただ、ただそのために

私に出来ることを精一杯。

今日も一日暑くなりそうです。

都城で県の防犯リーダー講習会で

お話してきます。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:52Comments(0)・・・

2007年06月29日

東国原知事

昨日書いたものです。
本当にご無沙汰いたしております。


2週間も空いてしまいました。


ごめんなさい。元気にやっております。


Mさんからのメールで、短くても書かなくてはと


思った次第です。


Mさんありがとうございます。


まずは、東国原知事との「ブレーン座談会」ですが、


とても大変面白いいい意見交換ができました。


とっても良かったです。


「次」も見えて来ました。


今日は、そのときの参加メンバーや関係者と


ブレーン座談会同窓会をすることになりました。


また一つつながって進んだなって感じです。


さて、今朝のレレレのおじさんで、


改めて感じました。


いつも笑顔であいさつをしてくださる方に


笑顔がないととても気になるのです。


相手の方の笑顔が欲しいというのではなく、


何かがあったのではないかと心配になったのです。


うーん、また一つ気づきました。


人って、地域ってこういうことなんだなーって。


それともう一つ、子どもたちを見送っていると


坂道を灰色の何かが転がり上がってきます。


子どもたちは大騒ぎ、それが私のところにピタリと


転がってきたので、ちりとりを構えると、


自分で入ってきました。


よく見ると犬の毛が丸まったものでした。


となりのトトロの「まっくろくろすけ」そのまんまでした。


そんなこんなしていると、光る細いものが飛んでいます。


よく見るとクモの糸で下にはクモが下がっていました。


以前テレビで見たことがありますが、


空中に糸を飛ばし、風に乗って移動するクモが


目の前を飛んでいきました。


今朝は、いろんな面白いことがあるなーと思いながら、


今日も一日精一杯大事に生きたいと思います。


9月1日に「みんなNPO」の設立準備会を行います。


「何かやってみたい」という人みんな、大歓迎で、


誰でも参加できます。


詳しいことはまた書きます。


今日はポリテクセンターでの最後授業です。


生徒さんもいろんな話をしてくれます。頑張ります。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:30Comments(0)・・・

2007年06月14日

東国原知事といよいよ


なんやかんやと続いて、いろんなことが一気に

動きだした感じです。

そんな中、昨日県庁から電話がありました。

東国原知事とのブレーンミーティングを

やりませんかという打診でした。

人員は上限12名程度で、知事公舎で2時間程度

フリートークで意見交換を行うというもののようです。

いよいよという感じですが、

行政主導の県民参加型のいわゆる運動ではなく、

自立した県民によるムーブメントこそ

県民総力戦のスタイルであることを

東国原知事にお伝えできればと思っています。

民間県庁のイメージなども話できればと思うのですが、

理解していただけるかどうかですね。

そうそう、この新しいNPOの名称も考えています。

「特定非営利活動法人 

   みんなのまちをみんなでつくるNPO」

略して

「みんなのNPO」で「みんな」の後の右上に二乗を付ける

なーんてのも考えてみたりもしているところです。

さーて、メンバーを集めなきゃいけませんね。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 11:53Comments(0)・・・

2007年06月06日

のぞき注意報発令!


今日は、本当に気持ちのいい風が吹いて、

外にいて木陰で風に吹かれるだけで笑顔になります。

ところで、昨日うちの近所に「のぞき注意報」を

発令しました。

というのも、以前ここにも書きましたが、

わが家でのぞき事件が発生したことがあって、

詳しいいきさつは、以前のを見てもらうとして、

その時に、犯人が落としていったタバコと

同じタバコの吸殻が、

次の日家の前のT字路に落ちているのを発見。

犯人の経路が、私の予想通りの方角から来たのを

証明してくれました。

そして、昨日の朝レレレのおじさんをしていると

ほぼ同じ場所に、同じタバコの吸殻が落ちていました。

妻に話して、ご近所に「のぞき注意報」を出したところ、

下着泥棒が出ていることが判明。

この二つは関連している可能性が高い。

今朝は、妻が洗濯物を干しながら、

隣の奥さんに垣根越しに情報を伝達していました。

サザエさんみたいです。

しかし、いよいよレレレのおじさん作戦のすごさが

実証されてきました。

そいでもって、今朝は、ある登校班の子どもたちが、

「おじさんは、テレビに出てる?」って聞くので、

「時々ね」と答えると「私、見たー!」と大騒ぎ。

それに続いて「今年もおじさんのキャンプに絶対行く!」と

これまた大騒ぎ。

そんな子どもたちを見送ると、

いつもダックスフンドを散歩させながら、

子どもたちを見守ってくださっているご婦人が

視界に入ったので、遠くから手を振って、朝のご挨拶。

今朝もいろんな笑顔がたくさんありました。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:07Comments(0)・・・

2007年06月05日

こうなんだ!


すごいというか、分かってきたというか、

やっぱりというか・・・これなんだなー

とつくづく感じさせられた朝でした。

いつもどおりのレレレのおじさん作戦。

まずは、家を中心に道路を20メートルくらい回って

人の捨てた紙くずやタバコの吸殻を拾って回りました。

南側にある公園まで行くと、二人連れの一見少年っぽいのが

公園の中でサッカーと言うかボールを蹴って

遊んでました。時間は午前7時。

「おはようございます。」と挨拶すると

「おはようございます。」とすんなり返ってきたので、

「朝が早いねー」と声をかけ、家の方に帰りました。

すると、その男の子たちは見えなくなる私を追って

公園の端まできて、私の行方を見ていました。

ん?何だろうと思いながら、今度は北側の方を見て回って

家の方に戻ってくると、その男の子たちが公園から出て、

道路を歩いていました・・・・。

ん?よく見ると・・・・もしかして・・「OT君か?」と

声をかけると、大きくうなずきました。

金髪だった髪の毛も黒くなっていて、

坊主が伸びたようになっていました。

もう一人はもしかして・・「もう一人はOZ君か?」と

聞くと、これまた大きくOTはうなずきました。

その二人に近づいていくと、その二人も私の方へ歩いてきました。

OT君もOZ君も息子の同級生です。

二人ともこの日記に登場したことのある人物です。

多くを占める人たちとは違う道を歩いてきていて、

自分の行く道を模索中の二人です。

久しぶりの彼らに私の妻も呼んで、

玄関前に座り込んで

4人でいろいろと話をしました。

私は、いつもどおりハイタッチをしながら、

小学生を学校に送り出し、

その間は妻が資格のことなど色々とアドバイスを

していたようです。

小学生とあいさつを交わしている間に、

以前も登場した今年から中学生なった女の子が

遠くから手を振りながら元気に学校に行きました。

近くの家の保育園に通う男の子がパンツ1枚で家から出てきて、

何か叫んでいます。

小学生があいさつをしながらハイタッチをして登校し、

この前まで小学生だった女の子が中学の制服をきて

手を振りながらあいさつをして学校に向かいます。

先日近くの中学校に書類を届けに行ったら、

別の今度中学生になった女の子が「おじちゃん、久しぶり〜!」と

声をかけてくれました。

そして、今日は二十歳になった青年と玄関前に座り込んで

仕事や社会について1時間語り合いました。

この青年たちとは、この青年が中学生の時からの付き合い

だからこそ交わせる言葉。

子どもたちを育む、次の社会を担う子どもたち、

地域の教育力、青少年健全育成、それらに関する

いろんな施策や企画、イベント・・・どうなのか。

7年続けてやっと実感として肌で分かってきたような

気がしてきました。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 12:35Comments(0)・・・

2007年06月04日

がんばれ学生!


先週は、宮崎大学で講義をしてきました。

一昨年、昨年と学年の違う学生さんに講義を

してきて、3年目の今年は社会システム課程3年生。

社会システム総論の「協働型地域社会づくりと地域再生」の

一つで「安心安全のまちづくり」の講義です。

学生さんは、パトロールとか自治会の立ち番とかの

話だと思い込んでいたらしく、私が話し出すと

思っていた内容とまったく違ったので、

表情が一変するのが分かりました。

「安全安心のまちづくり」については

いろんなところで講演など行ってきました。

まずは、入口の分かりやすいところから考え方、方法論や理論と

段階的に対象や回数などに応じて展開してきたのですが、

そろそろ対象によっては次の段階に入っていきたいと思っていて、

その第一弾でした。

学生さんのリアクションには、私も驚きました。

涙する学生がいたり、食いつくように聞き入る学生がいたり、

うなづきながらノートをとる学生がいたりと

それは熱心でした。

終わったあとも、公務員志望の男子学生が

話しかけてきてくれたりもしました。

感想文のコピーをいただいて読んだのですが、

この内容が感動的でした。

大人の行動や後姿で見せることの大切さを

ここでも痛感しました。

私も今年度は新しい課題に取り組みます。

新鮮な気持ちとあきらめない気持ちで

精一杯やって、その後姿と本気な姿を

若者に見せたいと思います。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 11:53Comments(0)・・・

2007年06月02日

気持ち


今日は、午後から理学療法士会の会合で講演をして、

さっき帰ってきて、夕方からはテレビのニュースに

コメンテーターとして出なければならなくて

その間の時間で書いています。

さて、先日鹿児島県の鹿屋にあるNPO法人に

話を聞きに行ってきました。

今年度からうちのNPOが本格的に活動を展開する

高齢者や障害者、子育て支援など福祉系の活動の

話を聞きに行って来ました。

話は聞いていたのですが、現場での話は説得力があります。

そこは、高齢者施設と障害者施設を隣り合わせで

運用されておりましたが、これがすばらしいのです。

障害者の家族の方を、隣の高齢者施設で雇用されていたりして

いろんな意味ですごく安定した状態で運用をされていました。

それぞれがそれぞれの持っているものを、うまく発揮できる

システム作りがされていて、代表の想いが形になっていました。

その中で、重度の障害者の方がおられたのですが、

その方のことについて、

 あの方は、56年間家を出ることなく暮らされていました。

 しかし、ここで働かれているご家族と一緒に来られるようになりました。

 先日は初めて買い物に一緒に行きました。

 生まれて初めてお小遣いを千円お父さんからもらわれ、

 そのことをうれしそうに話されました。

 その初めてのお小遣いで何を買われたか、

 一つ目はお父さんへのプレゼントの焼酎

 二つ目はお母さんへのプレゼント

 自分のものは何も買われませんでした。

と話して聞かせてくださいました。

涙が出ました。

今テレビ局から電話がきました。

そろそろ行かねば。

行ってきます。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 16:06Comments(0)・・・

2007年06月02日

テレビ出演

今日は、宮崎放送の「土アップ」は
高校総体のためにお休みでした。
そうしたら、今日はもう一つの民放
テレビ宮崎の夕方のニュースに
コメンテーターで出ることになりました。
あっちこっちに出てます。  

Posted by レレレのおじさん at 15:12Comments(0)・・・

2007年05月28日

素敵な黄門様


日曜日は宮崎市の橘通りで

第48回全国警察音楽隊演奏会が行われました。

歩行者天国にして、ステージが5つ設けられて、

同時進行でにぎやかに開催されました。

晴れたのは良かったのですが、

気温のうなぎのぼりだったので、

それが大変だったかもしれません。

スタートは29団体のパレードからで、

各県警それぞれ特徴を出されていて、

群馬は、馬が2頭で太鼓を叩いていたりも

していました。

そんな中で、茨城県警は音楽隊に水戸黄門様が

大きな印籠をもって、一緒に行進されていて、

沿道の観客に手を振ったりと

一生懸命サービスをされていました。

その姿に心を打たれた私は、

水戸黄門様に大きな拍手を送ったところ、

私のところに走ってきてくれて、

水戸黄門様の付いた携帯ストラップをプレゼント

してくれました。

うれしかった。

人をほめるって大事ですねー。

各県から来られた警察音楽隊のみなさん、

暑い中本当にお疲れ様でした。

そして、宮崎を盛り上げてもらって

ありがとうございました。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 15:11Comments(0)・・・

2007年05月28日

幸せって


先日のレレレのおじさんの時のこと。

小学生を見送り、そろそろ家に入ろうかなと

思っていると、一人の男の子が戻ってきました。

「忘れ物?」と聞くと、小さくうなづきながら、

下を向いてキョロキョロしながら家の方へ

向かっていきました。

しばらく歩くとピタリと立ち止まって、くるりと反転、

一転笑顔でこちらに歩いてきました。

近くまで来ると

「学校に100円持っていかなくちゃいけなくて、

 持ってきたけどなくなって落とした思っていたら、

 手提げ袋の中に入ってた。」

とホッとしたような笑顔で話してくれました。

「よかったね。車に気をつけていくんだよ。」と

声をかけると、「はい。」と答えた後、

「今年の夏のキャンプは、初鹿野さんもくるの?」

と聞いてきました。

この子は、それほど家が近いわけではないけど、

名前を覚えていてくれたのと、

去年やったキャンプが思い出として残っていて

今年も楽しみにしてくれていたんだと

思うとうれしくて、

「おじちゃんが行かんで、誰が行くもんね。

 もちろん行くよ。」

と答えました。

するとその子が

「やったー!だったら僕も行く!」

と言い残して学校に行きました。

うれしかったなー。

やっぱり私は幸せにしてもらっています。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 13:31Comments(0)・・・

2007年05月25日

東国原知事


今日は、東国原知事と一緒に初めてのお仕事です。

テレビ番組で2回ほど顔を合わせて、

控え室で一緒にお弁当を食べたこともあったのですが、

そのときは、ただのタレントさんとしてでした。

知事になられてからは初めてお会いします。

今日は、犯罪のない安心安全なまちづくり県民会議の総会

で東国原知事が議長をされてその補助で

横に座って進行のお手伝いをします。

さーて、どんな展開になるか楽しみです。

いってきまーす。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:40Comments(0)・・・

2007年05月23日

高齢者福祉


昨日は、さわやか福祉財団の会議で

熊本に行ってきました。

九州・沖縄ブロック会議だったので、

出来るだけ中心でということで、熊本で行いました。

熊本ですから、陸路の選択しかないのですが、

陸路の交通手段については選択肢があるので、

天気なんかを考えてバイクで行ってきました。

片道が約180キロですから、

往復で約360キロを走ったわけですが、

やっぱりバイクは近場はいいのですが、

長距離は、あんまり時間に縛られると

時間と距離ばかり考えてしまうので、

時間に余裕がある方がいいですね。

さわやか福祉財団の会議では、

福祉の現場についての情報が得られます。

皆さん、すごくてかなりのやり手です。

施設を何箇所も経営されている人もいるし、

なんといっても高齢者や障害者の方々を

本当によく面倒見ておられて、

盆正月にも自宅で面倒を見られる方もいて、

頭が下がります。

本当にすごい。

これからは、高齢者福祉に限らず

いろんな意味で地域の助け合いが

とても重要になってくると思います。

そのために、うちのNPOも今年度から

高齢者福祉の切り口でも

地域に入っていこうと思っています。

さわやか福祉財団のすばらしい先輩方から

たくさんの知恵やノウハウをご教示いただいて、

さわやか福祉財団の「たすけあい」を

今年度中に稼動させて「民間県庁プロジェクト」の

一つのメニューとして地域にノウハウが提供できるよう

展開したいと思います。

初めての高齢者福祉への本格的な参入です。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 16:20Comments(0)・・・

2007年05月21日

もう少し!



昨日は、義理の姉や姪っ子と大淀川近くの


天神山公園を歩きました。


桜の時ににぎわう公園で、


それ以外のシーズンは比較的静かなところだと


思っていましたが、なんのなんの。


結構いろんな人が散歩したり、


木陰のベンチに座っていたりと、


おのおの今の季節を楽しんでおられました。


結構アップダウンのある公園ですので、


そこそこ歩きでもあるのですが、


大淀川やその向こう側に広がる海を眺めたり、


平野を囲む山々を見渡したりしながら、


森林浴を楽しめるところです。


ただ、もう少し手入れしてもいいかなとも


思います。


宮崎の良さは、自然との距離感もその一つ。


身近に自然があるから豊かでいいでしょう的な


これまでの自然な状態と放置を履き違えたものでなく、


しっかり意識して位置づけや暮らしのデザインの一つとして


地域の魅力の一つとして取り込んで行くのが


大切だと思います。


風景に人の姿が入ると、その場の雰囲気がグッと変わって


魅力も増しますし、安全という意味でも大きな意味があります。


「美しい」というのは、計り知れない


いろんな大きな力を持っています。



人育て、地域づくりの「初鹿野屋」

NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 12:34Comments(0)・・・

2007年05月19日

関わること


宮崎県出身の日本ハムファイターズの田中選手が

2000本安打を達成しました。

すばらしい、すごい。

22年での2000本。

まさにコツコツとバットに当て続けることを

真剣にコツコツと続けてこられた結果です。

何かに関わるというのは、

こういうことなのでしょう。

それを田中選手は野球を通して

確認させてくれました。

子どもたちに姿で教えてくれました。

田中選手本当にありがとうございます。

そして、おめでとうございます。

人育て、地域づくりの「初鹿野屋」
NPO法人きよたけ郷ハートム  

Posted by レレレのおじさん at 10:59Comments(0)・・・